弁護士はパートナー

弁護士に相談してそのまま依頼する流れになった場合、どの債務整理の方法を選択しても依頼者が面倒な手続きを行うことはありません。すべて弁護士が手続きを代行します。今現在借金を背負っていて、返済について頭を悩ませている方も少なくないでしょう。弁護士が債権者へ受任通知が送られ、返済は一時的にストップされるのも大きいです。借金の返済で頭がいっぱいとなり、冷静な判断を下せないという方も少なくありません。手続きが完了するまで安心した生活を送ることができます。

弁護士和解交渉に関しても弁護士の担当となります。債権者と話し合いを行うことも裁判所に出向く必要もなく、弁護士からの連絡を待つのみです。一般的には弁護士が状況が変化したときに連絡をしてくれます。何を準備すべきかという点についてレクチャーしてくれるでしょう。

弁護士に相談したうえで適切な選択をし、そのまま依頼すれば弁護士にすべてを任せることになります。個人で対応するよりもスムーズで弁護士という存在が交渉を有利に進める理由にもなるでしょう。無料相談に対応している事務所も多いため、まずは無料相談をするのがよいといえます。そのうえでその弁護士と相性がよいかも確認すれば、弁護士選びも間違えないはずです。

Pocket