それぞれの特徴とは

債務整理のそれぞれの種類の特徴について弁護士が説明をしてくれます。過払い金請求は支払い過ぎたお金の過払い金を返還請求する手続きになります。弁護士がまず過払い金があるかどうかを調べてくれるため、何も面倒なことをする必要はありません。任意整理は借金を軽減することや金利のちょうど行って、毎月の返済金額を減額する方法となります

過払い
画像引用 ‘アディーレ / 過払い金請求

弁護士が交渉して毎月返済していける金額に設定してくれます。ただ、安定した収入があることが条件です。民事再生は裁判所に認めてもらって引き下げられた借金を3年~5年に亘り分割して返済していきます。任意整理と同様に安定した収入があることが条件となります。自己破産は住宅や車などの高価な財産を手放す必要があるものの、今までの生活は維持できます。ただ、2度目の自己破産は認められないことが大半であるものの、慎重に判断しないといけません。

弁護士に相談すれば、それぞれの種類についてさらに詳しく説明をしてくれます。自己破産が最も再スタートを切りやすいものの、リスクは大きいです。メリットとリスクのバランスを考えての選択をしないといけないのが難しい点であり、弁護士に相談して慎重に選ぶべき理由になるでしょう。

Pocket