弁護士はパートナー

弁護士に相談してそのまま依頼する流れになった場合、どの債務整理の方法を選択しても依頼者が面倒な手続きを行うことはありません。すべて弁護士が手続きを代行します。今現在借金を背負っていて、返済について頭を悩ませている方も少なくないでしょう。弁護士が債権者へ受任通知が送られ、返済は一時的にストップされるのも大きいです。借金の返済で頭がいっぱいとなり、冷静な判断を下せないという方も少なくありません。手続きが完了するまで安心した生活を送ることができます。

弁護士和解交渉に関しても弁護士の担当となります。債権者と話し合いを行うことも裁判所に出向く必要もなく、弁護士からの連絡を待つのみです。一般的には弁護士が状況が変化したときに連絡をしてくれます。何を準備すべきかという点についてレクチャーしてくれるでしょう。

弁護士に相談したうえで適切な選択をし、そのまま依頼すれば弁護士にすべてを任せることになります。個人で対応するよりもスムーズで弁護士という存在が交渉を有利に進める理由にもなるでしょう。無料相談に対応している事務所も多いため、まずは無料相談をするのがよいといえます。そのうえでその弁護士と相性がよいかも確認すれば、弁護士選びも間違えないはずです。

それぞれの特徴とは

債務整理のそれぞれの種類の特徴について弁護士が説明をしてくれます。過払い金請求は支払い過ぎたお金の過払い金を返還請求する手続きになります。弁護士がまず過払い金があるかどうかを調べてくれるため、何も面倒なことをする必要はありません。任意整理は借金を軽減することや金利のちょうど行って、毎月の返済金額を減額する方法となります

過払い
画像引用 ‘アディーレ / 過払い金請求

弁護士が交渉して毎月返済していける金額に設定してくれます。ただ、安定した収入があることが条件です。民事再生は裁判所に認めてもらって引き下げられた借金を3年~5年に亘り分割して返済していきます。任意整理と同様に安定した収入があることが条件となります。自己破産は住宅や車などの高価な財産を手放す必要があるものの、今までの生活は維持できます。ただ、2度目の自己破産は認められないことが大半であるものの、慎重に判断しないといけません。

弁護士に相談すれば、それぞれの種類についてさらに詳しく説明をしてくれます。自己破産が最も再スタートを切りやすいものの、リスクは大きいです。メリットとリスクのバランスを考えての選択をしないといけないのが難しい点であり、弁護士に相談して慎重に選ぶべき理由になるでしょう。

借金の返済方法は4つ

債務整理は借金で頭を悩ませている方は注目すべき制度です。借金の減額ができるとともに、支払いに猶予を持たせることもできます。また、借金を0円にする方法もあります。過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つからの選択です。消費者金融からの借金でも闇金からの借金にも対応しており、それぞれの都合に合わせて選択することになります。問題となるのはどの方法を選択するかです。それぞれの方法にはメリットデメリットがあります。全く性質が異なるからこそ、見極めたうえでの選択をしないといけません。しかし、これは自分だけで選択するのはおすすめできないものです。

返済返済しきれないだけの借金を抱えたのはブレーキを踏むべき場面で踏まなかったのが理由の方もいるでしょう。弁護士に相談したうえでの選択をすれば、置かれている状況にピッタリの選択ができるはずです。また、借金問題は誰にも相談しにくい内容であるため、相談できる相手がいるのも大きいです。借金に苦しんで今後どうすればよいか分からないのなら、債務整理という手続きで生活を整えるのが有効です。現状を早く抜け出して再スタートを切るためには弁護士の存在が大切になります。

借金問題を解決する術となる任意整理を考える方はまず弁護士に相談した方がよい理由について解説していきます。人生を変える大きな決断になるからこそ、後に後悔しない選択をしないといけません。弁護士が正しい選択に導いてくれます。